出産や授乳期の肌荒れ

ステラマリア

出産・授乳期の肌荒れ

出産や授乳期も肌荒れが酷くなりやすくなりますが、この原因はホルモンのバランスの崩れが考えられます。

 

産後 肌荒れ

また、妊娠中も同様です。

 

妊娠中は、体内で赤ちゃんを育てておりますので、ホルモンのバランスが常に同じというわけではありません。

 

 

ですので、妊娠中は特に肌荒れが酷くなってしまいます。

 

 

妊娠中や出産時、授乳期はニキビや吹き出物が出来やすくなったり、シミが増えたりますので注意が必要です。

 

しかし、お母さんが摂取したものは全て、胎盤や母乳などを通じて赤ちゃんにも行き渡りますので、こちらも注意が必要になるでしょう。

 

妊娠中をはじめ、出産時・授乳時は、ストレスによって甘いものが食べたくなることもありますが、食べ過ぎはお肌にも悪いですし、体にもよくありません。

 

ただ、妊娠や出産などによって起こった肌荒れは、ホルモンバランスが正常に戻ることによって治りますので、あまり気にする必要はありません。

 

しかし、出産後にすぐにホルモンバランスが戻るわけではありませんし、余計にアンバランスになることもありますので、ホルモンバランスが正常に戻るのは人それぞれ違うと思うようにしましょう。

 

また、出産後は肌の性質が変わるという人もいますし、育児によるストレスなどによっても影響を与えられますので、ホルモンバランスを正常に戻そうとやっきになるのではなく、「いつかは戻る」というくらいの気持ちでいるほうが、体のためにもいいと言えるかもしれませんね。

 

出産したら赤ちゃんがいますので、これまで使用していた化粧品ではなく、肌や赤ちゃんに優しいものを選ぶようにしてくださいね。

【花粉症対策訴求(クリーム)】つつむトライアルセット