花粉症 肌荒れ

ステラマリア

花粉で肌荒れが起きる

花粉の時期に肌荒れが起きる人は、花粉症の症状の一つだと思ってもいいかもしれませんね。

 

花粉が肌につくと肌が荒れてしまうことがあります。

 

花粉症の症状は人それぞれ違うように、花粉が肌について起こる場合の肌荒れも、起こる症状が人それぞれ違ってくるでしょう。

 

test

 

花粉症の薬は、他の薬と同様に長期間の見続けていると慣れてしまって効果がなくなってしまいます。

 

また免疫力の低下などを起こしてしまいますので、薬に頼ることはオススメできません。

 

出来る限り、食事や睡眠などによって体質改善することが必要です。

 

 

 

また、運動をして体力をつけることによって免疫力も上がります。

 

花粉が肌についてしまった場合は洗顔をして花粉を落とすようにしましょう。

 

帰宅したらすぐに洗顔をすることが大切ですよ。

 

ぬるま湯で顔を濡らし、泡立てた石けんをおでこ、あご、両側の頬にのせて、泡で肌を包み込むように洗います。

 

ポイントは「優しく洗う」ということです。

 

しっかりと洗ったら、ぬるま湯でしっかりとすすぎます。

 

おでこの生え際などに石けんが残らないように、しっかりと水をかけて洗ってくださいね。

 

タオルで拭くときはゴシゴシと擦るのではなく、ぽんぽんと押さえるように拭くようにしましょう。

 

洗顔が完了したら、仕上げに化粧水や乳液でしっかりとお肌のお手入れをしてあげます。

 

保湿はとても大切なことになりますので、アフターケアを怠らずにやっておくことで、花粉の季節でも肌荒れに悩まされにくくなるのではないでしょうか。

【花粉症対策訴求(クリーム)】つつむトライアルセット