赤ちゃんの肌荒れ予防

ステラマリア

赤ちゃんでも肌荒れがおきる

キレイな肌と言えば、赤ちゃんです。

 

でも、赤ちゃんでも肌荒れが起こります。そりゃそうですよね。

 

赤ちゃんの肌というのは、大人と比べても薄いし抵抗力もありませんので、ちょっとした環境の変化で、すぐに肌が荒れてしまってもおかしくないものでしょう。

 

test

 

 

そもそも、赤ちゃんや幼児というのは、肌を守る機能も未発達ですので、すぐに乾燥を起こしてしまうものなのです。

 

 

よく赤ちゃんの頬が赤くなってカサカサになっていることがありますよね?まさにアレです。

 

 

赤ちゃんや幼児の肌が荒れていたら、汚れや汗を拭き取ってあげて、清潔にしてあげるといいでしょう。

 

 

子供の肌荒れを治すためには、保湿などよりも清潔が一番だということを忘れないでくださいね。

 

 

 

 

 

なお、おむつかぶれが酷くなってしまった子もいますが、そういう場合は、適切な処置をしてあげないと痛がって泣いてしまいますし、さらに酷くなってしまいます。

 

稀にアトピー性皮膚炎や汗、ほこりなどでかゆみを伴った肌荒れが起こることがありますので、その場合は自己判断をせずにきちんと皮膚科医の診察を受けるようにしてください。

 

小さい子の場合は小児科でもいいですね。

 

赤ちゃんの肌は水分がたくさんありますので、張りもありますし、キレイに見えます。

 

しかし、あくまでも「キレイに見える」だけです。

 

外側からの影響を直に受けてしまいますし、不快感を自分でうまく伝えることができませんので、周囲の大人がきちんと肌荒れの予防をしてあげることが大切だと言えます。

【花粉症対策訴求(クリーム)】つつむトライアルセット