肌荒れ 無添加化粧品

無添加化粧品

肌荒れ対策のために、無添加化粧品を使うといつ人もいますが、確かにこれは正しい選択だと言えます。

 

化学成分を配合した化粧品は、どうしてもアレルギー反応を起こしやすくなりますので、つけた瞬間からヒリヒリした痛みが走ることもあるでしょう。

 

そういう人は、無添加化粧品を使ったほうがいいかと思います。

 

test

 

しかし、無添加=化学成分がまったくない・・・というわけではありません。

 

化学成分が配合された化粧品を使って肌荒れが起こる人は、
無添加化粧品を使った際に同じような症状が少しでも現れた場合はその無添加化粧品は「完全なる無添加ではない」ということになります。

 

 

 

よく「自然派商品」とか「天然素材」とか「無添加化粧品」とかの「名称」だけで安全だと思って購入する人がいるんですが、一体何を根拠に安全だと思うのでしょうか?

 

このご時勢です。

 

「名称」だけで判断はしないようにしたほうが無難ではないでしょうか。

 

成分が天然素材などということだけでは、安全は保証されませんので、入っている本当の「成分」をしっかり見るようにしてください。

 

確かに、無添加化粧品などの商品は安全な商品が多いのですが、完全なる安全を求めるのであれば、まったく化学成分が入っていない商品を選ぶようにしてくださいね。

 

ローズマリーエキスを防腐剤に使用したた化粧品については、使用はあまりオススメできません。

 

というのも、ローズマリーにアレルギーを感じる体質の人が多いので、肌荒れがひどくなってしまいます。

 

ローズマリーにアレルギーがあるかどうかを検査していない人は少なくありませんので、それならば、最初から使わないほうガいいというわけですね。

 

 

>>TOPページへ戻る<<