肌荒れ ホルモンバランス

ホルモンと肌荒れ

ホルモンバランスの乱れによって肌荒れが起こりますが、女性の肌というのは、エストロゲンとプロゲステロンという2つのホルモンによって大きく影響されるということを知っておきましょう。

 

例えば、生理前とかになるとニキビなどの肌トラブルが起きますよね?

 

これもまた、ホルモンが原因となります。

 

test

 

肌荒れを避けるためには、生理周期に合わせてスキンケアを変えていくと、肌の調子を整えることができるのです。

 

生理中(低温相)は、エストロゲンもプロゲステロンも分泌が少なくなっています。

 

このときはお肌の状態も安定していますので、トラブルがあまりありません。

 

 

生理後(低温相)は、エストロゲンの分泌が増加しますので、肌の状態は「絶好調」だと言われています。

 

新しい化粧品を試すのであれば、この時期に試すといいでしょう。

 

肌荒れを起こす原因にはホルモンバランスの乱れが関係していますが、ホルモンバランスが崩れるのは「生理」前後が大きく関わってきます。

 

高温相になるとそろそろ生理が始まるな・・・という合図になりますが、その頃はプロゲステロンというホルモンの分泌も増加しているのです。

 

プロゲステロンが増加するということは、皮脂分泌も増加するということになり肌の状態がとても不安定になるため肌も荒れてしまいます。

 

また、排卵前などに関してもホルモン状態は変化しますので、女性はとくに期を使った生活を送らなければいけなくなるでしょう。

 

排卵前、排卵後などを考えて、その時期に合わせて食べるものを変えることによって、肌荒れなどの肌トラブルを防ぐことができますので、状況に合わせたスキンケアを行うようにしていくことが理想となるのではないでしょうか。

 

 

>>TOPページへ戻る<<